2009年09月16日

お香で盛り上がってた時もあります

お寺に行くと、なんだか落ち着きます。お堂の佇まいや雰囲気もありますが、お香の匂いの効果もあると思います。
お香と言うと逆援助の「線香」が浮かんできますが、アロマテラピーが流行ったこともあって、最近はおしゃれでいろいろな香りのお香が出ています。まずは気軽に線香やインセンスなどで楽しんだら、本格的に『香道』など始めてみるのもいいかもしれません。



代表的なお香

□沈香(じんこう)
 チンチョウゲ科の逆援の樹脂が変化して出来たもの。
□伽羅(きゃら)
 ベトナムの限られた地域から産出される高級な沈香。
□白檀(びゃくだん)
 ビャクダン科ダンコウの木の芯から出来る。洋名:サンダルウッド
□麝香(じゃこう)
 ジャコウの牡鹿から採れる。官能的な香り。
posted by 浴衣男爵 at 12:28| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。